知人のV系好きから聞かされた話。

某V系バンド(以下A)は
メンバー全員が90年代を代表する
ミリオンセラーバンドに憧れて入ったのは良いけど、
Aがデビューする頃にはV系ブームは去っていてな、
なかなか人気が出ずにメンバー全員がジリ貧状態。

それでも応援してくれるファンはチヤホヤいたのよ。

数少ないファンの中に父親が会社経営な分、
実家が金持ちのファンがいた(以下、ギャ子)。

しかもギャ子はファンでありながら、
Aのマネージャー以上に
変なファンからAを守っていたのよ。

客が少なくて距離感が近い分、
自然とAのメンバー全員が
ギャ子を信頼していたのよ。

ギャ子の普段の言動からして
ファンからも慕われていた。

で、ある日、
PV撮影とファンサも込めて
ギャ子はAのメンバーにフランス旅行を提案した。

旅行費はギャ子の親が負担。

Aのメンバーもそれを受け入れて、
Aとギャ子とファン数人との旅行が決まった。

ギャ子の親は凄い人で、
旅行会社にも顔が通じていた。

そんなギャ子の親のコネでツアーには
ベテランガイドさんが着く事になった。

で、そのベテランガイドさんの気遣いで
Aのイメージにあった場所を回る事になった。

しかし、
決定時にベテランガイドさんは
Aとギャ子とファンに対して、
とある奇っ怪な説明したのよ。

ベテランガイド
「××に行った時に男性紳士が現れます。
でも無視して下さい。
話し掛けられても無視して下さい。
どうしても、その男性紳士の話したい時は、
××の次に行く△△に行った時に話して下さい」

Aのバンドメンバーもファンも
全員頭の上に?浮かべながらも同意した

で、ツアー当日。

その言われていた××にも行ったらしいのよ。

××はAのバンドイメージにあったような神秘的な場所で
大半の人は喜んでいたのよ。

ただ、ボーカルとギャ子だけは
明らかに口数が減っていた。

で、△△に着いた時にギャ子は泣き出してな。

元々から侍っぽい性格してるからな、
Aの楽器隊と他ファンは驚いた訳よ。

で、Aの楽器隊がギャ子を慰めながらも質問したのよ。

ただギャ子は明らかにパニック起こした状態で

「紳士が…」

と繰り返すばかり。

そしたらボーカルが口を開いてな。

ボーカル「××に行った時に例の男性紳士が現れた」

ボーカル「フランス語とカタコトの日本語で
フレンドリーに話しかけて来たけど、俺は無視した」

ボーカル「それで△△に向かう事が決まった時に、
男性紳士が明らかに流暢な日本語で、
俺とギャ子の方を指さしながらこう言った」

ボーカル「『このアジア人2人は見えたり聞こえたり出来そうだから、
話しかけたのに…』」

ボーカル「『なぁーんだ、見えたり聞こえたりしないのかよ…
つまんねぇーな』」

ボーカル「『見えた上に聞こえていたら
???に連れて行こうと思ったのに』」

ボーカルもギャ子も
???の所は聞き取れなかったらしい

それにしても連れて行くって
何処に連れて行く予定だったのか?

そして、その男性紳士は何者なのか?

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事