数年前の話。

夜、風呂から出た瞬間に電話がかかってきた。

一瞬出ようか迷ったが、
体拭いてないし素っ裸だし、
風呂入ってる間に電話かかってきても大丈夫なように留守電にしてるんで、
まあいいやと思ってスルーすることにした。

いつもの

「ただいま留守にしております…」

って声の後に、
男の声で何かボソボソ言ってるのが聞こえてくるが、
低すぎて内容は聞き取れなかった。

服着た後に、
再生しようと思って電話のところに行ってみたら、
留守電のボタンが点滅してない。

そして気付いた。

その日俺は留守電にし忘れて風呂に入ったんだと。

じゃああの留守電の声は?
男の声は?
全部俺の空耳だったのか?

ちょっとゾッとした。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事