某病院からうちの会社へ転職してきたA君
(医者や看護師ではなく事務)。

前職よりも条件の悪いうちへどうして?とたずねたら、

「僕、病院はどうしてもダメで」

とのこと。

以下はA君の話。

その日、A君は夜勤だった。

救急車で交通事故の重傷患者が運ばれてきた。

身元の確認よりも
手当が急がれる状況だったそうだ。

患者の持ち物は
とりあえずA君がいる事務室の金庫に収納。

引き続いて事務仕事をするA君。

事務室にはA君ひとりだけ。

と、そのとき誰も座っていない椅子
(脚にキャスターがついているよくあるタイプ)がガーッと滑って、
事務室隅の金庫に激突した。

さらに信じられないことに、
椅子はそのまま何メートルかバックし、
またスゴイ勢いで金庫にぶつかったそうだ。

あとでわかったけど、
椅子激突と患者死亡は同時刻だった。

「きっと何か大事なものを持ってたから、
金庫にって思ったんでしょうけど、
僕、あんな経験はもうしたくないです」

とA君は言った。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事