しこたま酔っぱらって深夜、
終電はるかに過ぎていたので、
タク代払うのももったいなく思い歩いて帰ろうと思ったが、
引越したばっかりで土地感薄弱な上に、
極度の方向音痴であることから、
電車で数駅分の距離を線路歩いて帰ったことがある。

酔ってるから一本道の線路上をふらここ歩いて行ったが、
前方からスーツを着た人が線路の上を同じように歩いてきて
すごくびっくりした。

警戒しながら通り過ぎ、
酔いも醒めたところで、
また前から同じようなしゃんとした
ダークスーツのサラリーマン風の男がやってきた。

怖くなってすげえ走って帰った。

俺が逆の立場で、
前から得体の知れない野郎が突進してきたなら
小便漏らすな多分。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事