以前、飛行機で子供のように窓から外を見ていたとき、
目的地が近づき、飛行機が高度を下げていきました。

どんどん高度が下がり、
家や車が見えてくる。

あー、そろそろ着陸だな~

ウィーンという音とともに車輪が機体から出てきた様子。

おー、随分高度が下がったなー、と思いましたが、
おかしなことに滑走路も空港も全く見えてこないのです。

その間も飛行機は高度を下げ続け、
地面はどんどん近づいてきます。

あれれ、これちょっとおかしいんじゃないの、
滑走路ないよ!と思ってると、
機体が急に上昇し始めました。

窓から見ると、
ずいぶん先のほうに滑走路があるのが…

飛行機は十分な高度になると旋回をし、
今度は無事に着陸できました。

乗客には特に何のアナウンスもなく、
みんな普通に機を降りて行きましたが、
急上昇したとき、
近くのスチュワーデスに笑顔はありませんでした。

よくあることなのかもしれませんが、
飛行機は高度が下がりすぎると機首を上げても上昇できず、
失速・墜落すると聞いていたので焦りました。

ニアミスのあった飛行機に乗ってた人からみたら、
全くたいしたことない経験でしょうが…

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事