神社が好きな為、
色々な神社を見て回ったりするんだが、
あるとき訪れた、
比較的大きく歴史もある神社。

賽銭箱にお金を入れお参りし、
境内をマジマジと見ていたんだが、
何を思ったか、俺は神社の縁の下を覗き込んだ。
(人生初の覗き込み)

すると、多数の基盤の柱の中の一つに、
五寸釘で打ち付けられたお札付きの藁人形を発見。

だいぶ前に打ち付けられたのか、
お札はボロボロ釘は錆び…

なのに、
藁人形だけは全く風化していない。

しかし、
それを見て俺がゾっとした対象は、
藁人形ではなく、その位置。

俺が立っているところからそこまでは、
有に2m半はある。

その距離を、
猫位の大きさでギリギリ通れる高さの狭い縁の下を、
這いつくばって進み打ち付けたという事。

それを想像した瞬間、
いてもたってもいられなくなり退散。

俺が知らないだけで、
意外と神社の縁の下にはそういったものがあるのかもしれんが。
(分からん)

それで何か起こったわけでもないので、
今では思い出しては怖さを体感している。

人が一番怖いよね。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事