兄貴が大学生の時の話なんだけど、
サークルのメンバーと海に行ったんだって。

けっこう穴場なスポットで、
海岸と砂浜の境目みたいな場所だったんよ。

穴場っていっても一応海水浴場だし、
ライフセイバーももちろんいる。

普通に地元の子供達も泳ぎに来ていて、
あるていど込み合ってもいたんだ。

そんで皆で泳いでいると、
沖のほうに出ていたゴムボートが波でひっくり返されて、
中に乗ってた子供達が投げ出されちまったみたいなのよ。

その時それに気がついたのは、
兄貴とサークルの先輩の一人だけだったんだって。

んで、先輩と二人で子供達を助けに行ったんだって。

でもそのガキどもが馬鹿ばっかりで、
パニックになって暴れたらしいのよ。

まあ一応6人(?)の子供達は全員無事だったんだけど、
先輩が最後の子供を助けてすぐ倒れちまったんだって。

子供達を助けて体力を使い果たしてて、
さらになんかヤバイクラゲに刺されちまってたらしいのよ。

で、救急車で運ばれたんだけど、
ショック症状起こして死んじゃったんだって。

その死んじまった先輩ってのが本当にいい人で、
正義感の塊みたいな感じの人だったんよ。

サークルの皆も、
なんで馬鹿なガキどものせいで
先輩が死んじまったんだって泣いてたって。

兄貴は家に帰ってきてからも泣いてた。

で、次の年の命日に、
またサークルのメンバーで海に行ったんだって。

んで、花束を海に投げ込んで帰ろうとしたら、
何か砂浜が騒がしくなってたんだって。

近くの崖から足滑らせて落ちた女の人が
流れついたんだって。

かなりの高さの崖だったにもかかわらず
怪我はかすり傷程度で、
意識もハッキリしてたんだと。

んで、うわごとみたいに

「海に落ちたら男の人に手を捕まれて岸まで運ばれた」

って言ってんのよ。

で、さらにそこのライフセイバーが、

「一週間前に溺れた子供も、
お兄さんに助けてもらったって言ってたんだよなぁ」

とか言って首をひねってたんだって。

まさか!と思って話を聞いてみると、
それが死んじゃった先輩の特徴とピッタリ一致するんだって。

偶然かもしれないけど、

「先輩は死んでも、その海で人を助け続けてる。
そう思いたい」

って兄貴は言ってる。

んで、今も夏になると花持ってその海に行ってる。

今思うと、
兄貴いつかは先輩と同じことになりそうだな。

俺がしっかり見ておかないと・・・・・

笑えねぇ・・・・・

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事