嫁が通ってた小学校であったという話。

そこでは6年生が林間学校と称し、
観光地とは程遠いド田舎に行かされる。

その日の日程では、
昼間は登山、夜はお約束の肝試しが組まれていた。

小学生が教師に連れられ山を登っていると、
道のわきにある岩に一人の老人が座っている。

体は道の反対を向き、
顔だけを道の方に向けて、
にこにこと子供達を見つめている。

その笑顔は翁の能面に似ていて、
とても優しそうだった。

礼儀正しい生徒がその横を通り抜ける際、

「こんにちは」

と挨拶したが、
老人は返事せずただにこにこしてるだけ。

訝しく思ってよく見ると、
老人の脚が膝下までしかはっきり見えないことに気づく。

その先はぼやけており、
向こう側の景色が透けて見えた。

だが昼間であるし、
周りに級友もたくさんいたことから、
気がついた数人の生徒は口をつぐみ、
あるいは気のせいだと自分を納得させ、
その時は大きな混乱にならなかったという。

そして夜。

肝試しと言っても、
小学生の事だから大したものは行わず、
先生に連れられて、
宿舎周辺の暗い道を散歩する程度のものだった。

それでも都会とは違い、
伸ばした手の先も見えないほどの暗闇に、
生徒達は十分怖がっていた。

一通りめぐって宿舎まであと少しという頃、
畑の向こうの方にぼんやりと光っている何かが見える。

「あれなんだろうね?」

と皆で首をかしげて見つめていると、
その光がゆっくりとした平行移動で、
滑るように近づいてくる。

ある程度まで距離が縮んだ時、
誰かが叫んだ。

「さっきのお爺さんだ!」

先ほどの老人がぼうっとした光を放ちながら、
透けた脚を動かすことなく、
文字通り滑るようにすーっとこちらに来るのだ。

顔には相変わらず笑顔を浮かべたままで。

何とか全員無事に宿舎に逃げ帰れたが、
生徒達の動揺は収まらず、
翌日先生たちはお寺に相談して、
お祓いをしてもらったという。

宿舎で生徒達の食事を作ってくれる地元のおばさん達は、
この爺さんの特徴を聞くや口をそろえてこう言った。

「それは、山田さん(仮)のお爺さんじゃないか!」

山田さんというのは、
近所でも有名な孫思いの爺さんだったが、
大事な孫が不幸にも幼くして亡くなって以来、
気が触れてしまったそうだ。

小さな子供を見かけると、

「(孫)や、こんな所にいたのかい」

と言って、
勝手に自分の家に連れ帰ってしまう事が何度もあった。

だが子供に怪我をさせるわけでもなく、
もとは温厚な性格だった爺さんを皆が憐れんでいたため、
警察沙汰になったことはなかったという。

「自身が死んでなお孫の死を悼んでいるのかね」

と言って涙ぐむおばさん達。

これ以降、
林間学校での肝試しは絶対禁止になったらしい。

俺は、悪霊ってわけでもなさそうなのに禁止なんて、
少し大袈裟か?と思ったが、
それには後日談があるらしい。

生徒全員宿舎に入ったことを確認するため、
最後まで外に残った先生方は、
近づいてきた老人をかなり間近で見たそうだ。

その先生方が言うことには、

「生徒達は皆優しそうな笑顔だったって言うけど、
私たち教師には怒り狂った表情に見えたんですよね」

一体どっちがお爺さんの本心なんだろう?と、
その小学校では今でも有名な話らしい。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事