これは母から聞いた話です。

私の家は小さな貸家を持っていました。

しかし私が高校生になる頃には
老朽化で賃貸をあきらめ
鍵をかけたまま放置していました。

いわゆる開かずの間状態ですね。

ある日の昼下がり母は換気の為に
勝手口の鍵を開けて貸家の中に入りました。

その日は快晴だったので室内も明るく
蛍光灯を点ける必要もありませんでした。

次に玄関を開けようと思い
その途中にある居間を通り抜けようとしました。

そして二三歩進んだ時
突然目の前で何者かがすくっと立ち上がり
トントントンと足音をたてながら
母とすれ違うようにして
今開けたばかりの勝手口から出ていったそうです。

目には何も映らなかったのですが母の耳元を
生身の人間の息づかいが通り過ぎました。

あまりの出来事に
母はその場で呆然と立ち尽くしていました。

しばらくして我に返ると
母の頭の中にある女性の顔が浮かびました。

一番最後にその家を借りていた方で
賃貸中に病を得て入院し
そのまま亡くなりました。

その人は座布団を居間のある決まった場所に敷き
その上にちょこんと座ってテレビを見るのが日課でした。

母が訪ねていくといつも

「私はこの場所が一番好きだ」

と言って笑っていたそうです。

母はお化けとか幽霊のたぐいの話は全くしないのですが
ある日突然声を震わせながら
この出来事を話してくれました。

よほど怖かったんでしょうね。

ちなみにこの出来事は一度っきりで
二度とは起こりませんでした。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事