知り合いが救急隊員やってるけど、
ずーと昔に某駅で飛び込みがあって、

『被害者はまだ生きています』

と要請があったから急行したが、
到着前にもう当事者は絶命していた。

それがまだ高校生の女の子で、
覚悟の上でホームから飛び降りたものの、
まだ躊躇ったのだろうねー。

咄嗟にもう一度ホームに戻ろうとして、
上半身を乗り上げたところに列車が・・・

上半身だけゴロンとホームに転がって、
両足は引きちぎられて無くなり、
内臓も一部飛び出した状態。

「立てない・・・立てないよう~!」

と泣き叫びながら、暫くホームの上を、
血まみれになりながら両手で立とうともがいていたそうだけど、
周りの人がどうする事も出来ないまま、
救急車の到着前に息絶えたとか。

その時まだ新人だった友人が、
かなりやり切れない思いをするような、
無残な状況の遺体でだったそうだ。

その後、諸々の手続きをしている時、
妙に身体が重いというのか気持ち悪くて、
身体の芯から冷えるような寒気も感じたけど、
気分が落ち込んでいるせいかな?と思いながら詰め所に帰った。

すると部屋に待機していた一人の隊員が、
ギョ!!としたふうに友人を見て、
いきなりその友人の服を引っ張って、
部屋の外に引っ張っていき、他の隊員に

「水!塩!!」

と怒鳴った。

呆然としているその友人の足元に、
コップに入れた水を置くと、
塩を振りながら、
両手でパタパタと友人の全身を叩きだした。

暫くそうしてから

「もういいか」

と止めると、
さっきからの悪寒が嘘のように消えていた。

何となく判って聞きたくなけど、
聞かずにいられず、

「何だったのですか?」

と質問したら、その隊員が一言。

「聞かない方がいい・・・
こんな事はまず無いから」

と、ぼそり・・・

友人はその時、
本気で職業を変えようかと思ったらしい。

まぁ今でも救急隊員やってるけどね。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事