かなり以前のこと。

当時勤めていた職場に、
Aさんという人がいた。

Aさんは、
自分の席の横の窓から飛び降り自殺した人がいることを、
半ば自慢にしていた。

新入社員や営業さんがやってくると、
わざわざ窓枠に残っている足跡を見せて、

「これがこの人のこの世での最後の足跡なんだよ」

とか、

「僕が部屋を出るときすれ違ったから、
僕がこの世で最後に出会った人間なんだな」

とか言っていた。

足跡は、
雨にあたらない所にあったせいか、
長い間残っていた。

ある時、大掃除があって、
その話を知らないアルバイトの女の子が
窓枠をきれいに拭いてしまった。

Aさんはすごく不機嫌になり、
女の子をネチネチいじめていたが、
ある時から何も言わなくなった。

窓枠に再びホコリがたまり始めたら、
あの足跡が現れたからだ。

Aさんの自慢話はぴたりと止まった。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事