大したスペックじゃないけど、
蓋物が“開けられる”。

子供の時から、ずっと。

ギリギリで手をかざすの。

すると、ぼわんとなって開く。

書いてみたら大したことないけど、
錆ようが固まろうが開けられなかったことない。

鍵とかは無理。

蓋物のみ。

小さい頃から、
人の開けられない蓋物は私に来た。

開いたら、近くの人は

「えっ?」

って顔するけど、

「開いたからいいか」

になる。

それまで一生懸命開けようとした人には、
もうちょっとで開いてたからと、
恥かかせないようにもしてる。

地味だけど今日も誰かの役に立ってるから。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事