友人の御主人が脳溢血で急逝した。

四十九日が明けてから、
友人が御主人行きつけのバーに御主人の死を伝えに行くと、
バーのマスターは御主人が亡くなったことをすでに知っていた。

週2回ほど、気がつくと
カウンター隅の席に御主人の幽霊が座っているのだと言う。

マスターは黙って御主人のボトルと氷と水を出してあげていたが、
御主人が消えるたびにボトルのウィスキーは微妙に減り続け、
とうとう無くなったので

「今は水割りを出してる」

とマスターは言ったそうだ。

「悪いから主人の名前でボトルを入れてきた」

と友人は語った。

怖いのか、ほのぼのなのか、マスターが詐欺野郎なのか、
自分にもよくわからない。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事