もう8年前の話ですが、
未だに不思議なので書かせていただきます。

小学生だった時、
私の友達にAさんという子がいました。

家も近かったので、
よく遊びに行っていました。

彼女は3人姉妹の長女でした。

一つ年下のMちゃんと、
さらに二つ下のYちゃん、
そしてAちゃんと私、
そして私の1つ下の妹で、
いつも一緒に遊んでいました。

また、ご近所さんという事で、
両親同士もとても仲がよく、
いつも一緒に夕食を食べたり、
2家族で旅行したりしていました。

それから、
小学校5年生の時に引っ越し、
Aちゃんとも逢う機会も少なくなってしまいました。

そんなある日、
Aちゃん一家が久々に遊びに来たのです。

でも、一人足りないんです。

一番年下のYちゃんがいないのです。

私はおばさんに、

「Yちゃんはどうしたの?」

って尋ねると、おばさんは

「Yちゃん??誰の事?」

と顔をしかめたんです。

おじさんに聞いても同じ反応でした。

AちゃんもMちゃんもそうでした。

私の母もそうだったんですが、
私と父と妹ははっきりとYちゃんの事を憶えていたので、
私の勘違いではありません。

最初はふざけてるのかと思いましたが、
どうもそうでは無い様なのです。

そこで、写真を撮る事が趣味の父が、

「一緒に写ってる写真があるはずだ」

と言って、
アルバムを持ち出してきました。

ところが、
一緒に写ったはずの写真に、
Yちゃんだけがいないのです。

それで、勘違いだと笑い飛ばされてしまいました。

でも、確かにYちゃんはいたんです。

いつも一緒に遊んでいました。

妹もはっきり憶えてると言っています。

父も憶えています。

Yちゃんは何処に行ってしまったんでしょうか・・・。

今年20歳になり、
Aちゃんと久々に逢いました。

やっぱり彼女は、
Yちゃんの事を憶えていませんでした。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事