母親の実家の話。

段々に連なる下の家で、
夏の夕方になると時々騒ぐ声が聞こえてくる。

その家では

「幽霊だ~ゆうれい!」

と逃げまどっているらしい。

一家6人が

「追いかけてくるー」

と母の実家にも飛び込んでくるのだが、
指さす方向を見ても、
他の家の者には何も見えなかったらしい。

一家全員が

「あそこに、あそこにいる!」

と指し示すのだが、
納戸の暗がりには何も見えなかったそうだ。

夏になると10回ほどそんなことがあるので、
近所ではだれも相手にしなくなったらしい。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事