50歳の親父が子供だった時の話。

当の親父はオカルト全否定派なうえ、
何も覚えてないそうで、
この話は親父の母親である祖母ちゃんから聞いた。

親父には姉が1人いるのだが、
実はその姉の上に4歳の時に
不慮の事故で亡くなった男の子(長男)がいたそうだ。

長男は親父より7歳年上だから、
彼が亡くなった3年後に親父が生まれたことになる。

長男と親父には首の後ろに
逆三角形の三ツボクロがあったので、

「生まれ変わりじゃないか」

と家族は冗談半分で言っていたらしい。

だが、
家族が本当にびっくりしたのは
親父が2歳の時。

夕食時、親父が突然

「ダンボ、ダンボ」

とゴネ出したのだ。

ダンボとは、
長男が大好きだった『でんぶ』のことで、
長男は何故かでんぶをいつも
「ダンボ」と言っていたらしい。

この時、
親父はまだでんぶというものを
見たことも食べたこともなかった。

それからも、祖父ちゃんに

「パタパタ行く」

とねだったり、

(公園の足漕ぎボートのことを長男はこう呼んでいた。
長男のお気に入りだったが、
親父はまだ見たことがなかった)

散歩の途中で
長男がよく行っていた駄菓子屋の方向を指さし、
祖父ちゃんを引きずるようにして
一度も行ったことのないその店に直進したり、

長男が好きだった絵本『まいごのチロ』を見たがって、
祖母ちゃんにいきなり

「チロは?チロは?」

と聞いて来たり。

どう考えても、
生まれ変わりとしか思えないような言動が
多々あったそうだ。

親父のこうした言動は
4歳に入ってから徐々に少なくなり、
5歳の頃には全くなくなって、
親父独自の好みや性格がハッキリしてきたという。

「最初は長男がまとわりついていたけど、
満足して自然と離れていった感じがする」

と祖母ちゃんは言ってた。

俺としては、
祖父ちゃん祖母ちゃんの悲しみを癒すために、
長男が2、3年だけ戻って来てくれてたような気もしてる。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事