都内で一人暮らしをしているものですが、
ちょうど4年前くらいに不思議な経験をしました。

その日は結構遅くまで仕事をしていて、
帰宅したのが午前4時を少しまわったぐらいだったと思います。

家に帰って部屋の電気をつけたんですが、
なにか変なんです。

その時は何が変なのかを調べる気力もなく、
とても疲れていたのでそのまま寝てしまいました。

次の日起きて部屋を見渡してみると、
やっぱり何かおかしいんです。

その日も朝から予定があったので、
調べる余裕もなくそのまま出勤しました。

で、その日の夜、
そのおかしいと思った理由がわかったのですが、
全部右利きなんです。

僕は左利きなんですが、
ペンの向きとか、歯ブラシの置いてある場所とか、
とにかく部屋の感じが右利きなんです。

気づいたキッカケというのが、
マウスの位置が反対になっていて、あれ?と思い、
色々見渡してみたら、
そんな感じで物が置かれてました。

で、オチがあるんですが…

嘘っぽいので書くのためらったのですが(実話です)。

右手が気になって1週間くらい経ったころに、
何気なく二の腕を触ったのですが、
ちょうど腕と背中の付け根あたりにしこりがあるの発見して、
普段なら放っておくのですが、
そんなことがあった矢先のことだったので病院に行きました。

で、医者から

「発見がおくれてたら腕を切断しないといけなかった」

と言われびっくりしたのを覚えています。

後から思ったのですが、
うちの祖父が教えてくれたのかなと…

うちの祖父も左利き(生前)。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事