自分が実際に見たわけではないけど、
ぞっとした話。

今年の3月、
会社で人事の入替があったんだけど、
ベテランのSさんが地方に移動になり、
私のフロアには新人のT子が入ってきた。

ところが、
そのT子があんまり要領のよくない子で、
机の上をものすごい散らかしては、
書類が無いと言って騒いでいた。

見かねて、
処理済の物からファイリングして、
引き出しに仕舞うように言ったんだけど、

「引き出しを開けると、
顔が見えるので開けたくないんです」

って言う。

T子のデスクは、
もともとSさんが使っていた場所。

年度末の忙しさもあって、
くだらねえとあんまり話も聞かなかった。

直接の指導役ではなかったし、
その後絡むことも無かった。

2週間くらい過ぎてから、
T子に話しかけた。

机の上にはファイルが山積み、
相変わらず引き出しは使っていないようだ。

冗談で、

「見られちゃやばいものでもはいってるんじゃないのー?」

と引き出しを開けてみると、
隣でものすごい叫び声がした。

T子はマジで怖がってて、震えてた。

「腐ってきてる…」

T子はそう言って、
慌てて引き出しを閉め、
ガムテープで目張りまでしだした。

でも何にも入ってないし、
匂いもしないのに。

精神状態が悪いんじゃなかろうかと心配になった。

結局T子はすぐに辞めてしまった。

その後、
Sさんが亡くなっていたと連絡が入った。

移動の後ほどなく体調を崩し、
会社を休んでいたらしい。

数日は連絡が来てたんだけど、
そのうち休むTELも来なくなって、
同僚が心配して何度か家に行ったらしいけど反応無し。

上司が大家に言って、
中に入って発見したのが4月の頭頃。

その時には、
死後2週間前後ほどたっていたそうで、
中はひどい匂いだったそうだ。

Sさんは湯船の中で亡くなっていて、
発見した上司がしばらく鬱っぽくなるほど
凄まじい状態だったみたい。

T子が見たのは、
Sさんだったのだろうか?

T子はもういないし、
確かめようが無いのが残念。

偶然にしては時期とか当たり過ぎてて、
ぞっとした。

結局、
増員の予定は無くなっちゃって、
机は倉庫に運ばれた。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事