家の女系は風を呼べる。

自分でも胡散臭い話だと思うので、
今まで一度も誰にも話したことはない。

蒸し暑かった空気の入れ替えをしたいときに、
風を呼んだりする程度だ。

小さい頃はよく使えたが、
今ではまったくなんの力もない。

と言うのも、
この力は母から娘に伝わるものらしく、
祖母はそれこそ自由自在と言った感じだったが、
祖母の子は息子ばかり。

祖母の姉妹たちも、
女の子には恵まれなかった。

祖母がこの話をしてくれたときは、
(ここには書いていない話もあります。
希望していただければぼつぼつ書きます)
お伽話のように聞き入ったものですが、
その祖母も今年他界してしまいました。

祖母の

「○○(私の名前)ちゃんだけは幸せになってほしい」

という言葉が忘れられません。


風を呼ぶ力は昔からあったようで、
祖母の家系は江戸や平安の頃から重宝されていたようです。

ただ、風が吹いたからといって、
作物が実ったり富が築かれたりするわけではないので、
崇められるようなことはなかったそうです。

また、力が強ければ強いほど美くしく、
時の権力者の側女として不自由のない暮らしをしていた。

各言う祖母も若い頃の写真も晩年も大変きれいな人で、
(身内びいきではなく)
気立てもやさしく求婚者が絶えなかったそうです。

(祖母の葬儀の時に聞きましたが、
求婚者には将校や華族などもいたそうです)

ただ、祖母には思い人(銀行員だった祖父)がいて、
すべて断ってしまったそうです。

当時のことですから、
恋愛結婚なんてとんでもなく、
(祖母の家は大地主だったからなおさら)

親には反対もされたのでしょうが、
たぶん不憫に思われたのでしょう、
結婚は許されました。

この力には黒い一面があるのです。

祖母の家系は皆、
不可解な亡くなり方をしていたそうです。

ある日から衰弱しはじめ、
一月を待たずに元の面影を残さずやつれ果ててなくなるのです。

祖母もそうでした。

祖母は町医者にかかっていたのに、
ガンで亡くなりました。

臓器の外側にガンができ、
通常の15倍もの速さで進行していき、
なすすべもなかった…

医者も首を傾げていました。

こっちも死なせてやりたくなるほど苦しんでいました。

ただ、祖母は苦しいとか、
そんなことは一言も言いませんでした。

ただ、あまりにも苦しそうな最後でした。

祖母は

「みんなそんな風に死んでいくんだ」

ということも私に話していました。

だからその理由がガンだと言うことも、
通常では信じられないくらい進行が速いということも、
そんなことよりずっとずっと、
変わり果てた祖母の姿は私には恐ろしかった。

そして、祖母の葬儀の日はやってきた。

小春日和、
気持ちいい風が不意に強く吹いて、
祖母の骨を舞上げた。

あぁ送っているんだと思いました。

よくわからないけどそれは確信できました。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事