私の友人(M君)で結構霊感があるというやつがいるのですが、
そいつから聞いたとても不思議な話です。

僕たちの住んでいる駅前には、
大きな団地が並んでおり、
M君は駅を利用する行き帰りは、
いつもその団地内を突っ切っていました。

ある日、家に帰ろうと、
いつもどおり団地を突っ切って歩いていました。

その日は仕事も残っており、
普段より足早に家路に向かったそうです。

いつもは子供が遊んでいたり、
買い物帰りの主婦で、
比較的この近辺ではにぎわっている場所ですが、
夜もだいぶ更けていたということもあり、
辺りはあまり人影は見られなかったそうです。

1号棟、2号棟を過ぎた後、
砂場とベンチとブランコしかない小さな公園に差し掛かると、
チラッと人影が見えました。

こんな夜遅くに何してんだろうと、
遠目から目をからしてみると、
それは女性の首吊り死体だったそうです。

こんな時に何でこんなもんが・・・

普通だったら逃げ出すぐらいびっくりし、
パニックに陥るところでしょうが、
M君は肝がすわっているというか、なんというか、
半ば面倒なもん見つけちゃったという気持ちで、
警察に通報しました。

警察が到着し、野次馬もだいぶ増え、
M君に待っていたのは長い取調べでした。

首をつった砂場の横の木を正面に見据えられるベンチに座らせれ、
隣に一人警察官が座り、
同じことを何度も質問されたそうです。

結局、家に帰っても仕事どころではなく、
その日はすぐに眠りについたそうです。

次の日、M君は目を覚まし、
会社に行く準備をしていると、
警察から電話があり、
すぐに署に来てほしいといわれました。

会社に行かなくちゃいけないし、
発見当時の状況は昨日何度も説明したでしょと答えると、

『そうじゃない。君に見てもらいたいものがある』

と、なんだか変な様子だったため、
しぶしぶ警察に向かったそうです。

署に着くと、
昨日の警官が迎えてくれて、
部屋に通されたそうです。

着いた早々にM君が、
何で呼んだかを問い詰めると、
なんだかその警官は、
何かをいいづらそうな感じでモゴモゴしていたそうです。

Mくんが怪訝な顔をしていると、

「確かに、あの女性とは面識がないんだよね。
いや、女性のお母さんに遺書を探してもらってたんだけど、
変なもの出てきちゃって」

と、一言口を開いたとたん堰を切ったように話し出し、
茶封筒から一冊のスケッチブックを取り出しました。

「これを見てほしいんだ・・・」

M君は手渡され、
一枚一枚ページをめくっていました。

なにやら絵の学校に通っていたのか、
そこには果物や家具などのデッサンが描かれていました。

そして、
その中に1枚だけ風景画が混じっていました。

どこかで見たことある風景・・・

それにはブランコがあり、砂場があり、
その横の木にロープをくくって首をつっている女・・・

そしてベンチには、一人の青年と、
警察官らしき人が座っている絵でした。

そのスケッチブックは、
カギのかかった机の引き出しからでてきたもので、
その女性以外の指紋も見つかってないらしく、
とにかく、その後もM君は、
女性との関係を問い詰められたそうです。

M君も

「だったら、何でおまわりさんも描かれてるんだ」

と、半ば二人パニックになりながら言い争ったそうです。

結局埒も明かず、M君も帰してもらい、
その事件も遺書なしの自殺ということで片付いたそうです。

M君は霊感も多少あり、
いままで霊現象を体験したこともあるのですが、
これほど不可解で恐ろしいことはなかったそうです。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事