友人の父上のお話です。

お父さんが子供時代の友達のお葬式から帰宅後、
急に食欲が激しくなったそうな。

別人のようになって軽く2倍は食べる。

そして右足(左足だったかも)を引きずるようになった。

家族で心配していたら、
紹介してくれる人があって霊能者に見てもらうことに。

「お父さんにその友達が憑いている!」

ということで、
お払いしてもらったら無事元に戻りましたと。

お友達は右足が悪い方だったそうです。

暫くして、
またお父さんがやたらに食べるようになった。

沢山食べるだけでなく、
食べ方が汚くなり動物的に。

ウドンと言えば天ぷらウドンばかりだったのに、
何故かキツネうどんを好むように。

また同じ霊能者に見てもらうことになった。

丼を二つ用意して、
それぞれにお水とお茶を入れた。

お払いが始まり、霊能者が

「来られているならお好きなほうをお飲み下さい」

と言うと、
丼のお茶がググっと減った。

半紙に墨を落とし
ロールシャッハテストのようにして出来上がった絵を見ると、

「キツネさんがあんたを踏んづけている!」

と言われた。

友人やお母さんには何の絵かわからなかったけど、
お父さんにはわかったそうだ。

その後、お父さんは回復したけれど、
キツネさんにきちんとお帰り頂くために、
友人の家では神棚を作りキツネさんをお祭りすることになった。

人間に祭られることでそのキツネさんの地位がより高くなり、
伏見稲荷に帰って頂きやすくなるとの話だった。

その友人は構ってチャン系ではなくいたってノーマルだったので、
嘘ではないと思ってる。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事