もう五年以上一緒に住んでいる飼い猫が、
獣医にもうダメかもと診断をされた。

尿管が細くて腎機能もほぼ止まっている状態で、
尿が出ないため膀胱が破裂しそうで、
膀胱に亀裂が入っている状態だった。

ご飯も食べれず吐いてばかり。

最後の時を家で一緒に暮らしたほうがいいかもしれないとも言われた。

でも死んでほしくなかったから
入院させて治療をお願いした。

今までの飼い猫との思い出がぶわっと溢れてきたあとに
とても悲しくなった。

心を落ち着けるために明かりを消し瞑想した。

瞑想しようとしても
飼い猫のことが浮かんできて悲しくなった。

そのとき飼い猫が
静かに寝そべっているイメージが浮かんだ。

拝むように手のひらを合わせた。

思い浮かんだ飼い猫を手で撫でた。

病気の部位の下半身も撫でた。

どうか治りますようにと必死で祈った。

ふと最近行った神社を思い出した。

どうか〇〇神社の医療の神様、
飼い猫を助けて下さいと願った。

願いながらイメージの中で飼い猫をなで続けた。

すると目を瞑っているはずなのに
目の前が明るくなった。

白装束で縦長でおおきな三角の帽子をかぶった人が現れた。

その人が飼い猫をひと無ですると飼い猫が光った。

何故かわからないが飼い猫が治ったことを悟った。

後日談。

獣医は、
飼い猫が急に元気になって
ご飯をもりもり食べだしたと言っていた。

順調に回復して無事退院した。

医療の神様ありがとう。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事