オレが高校生の時の話。

その日は夜11時頃ベッドに入って寝た。

深夜に突然そばに置いてあるラジカセから
大音量でラジオが流れた。

びっくりして飛び起きて急いでスイッチを切った。

(当時二段ベッドの下の段にオレ、
上に弟が寝ていて、
非常に仲が悪く後で文句言われるのがイヤだった為)

ふと時計を見ると1時30分。

どうやら寝る時にスイッチを切ったつもりが、
スリープの方にスイッチを入れてしまったらしい。
(後にも先にもこんな事は一度もなかった)

そんでまた寝た。

次の日、
いつも一緒に学校に行くMと学校に向かう途中、
突然Mが

「そういや昨日K(オレの事)うちに来たぜ~」

と言った。

オレが

『何言ってんだコイツ』

と思いながら

「はぁ?」

と言うと、Mは笑いながら、

「昨日の夜オレが勉強してたら、
Kが部屋の隅から上に上がって、
ベッドすり抜けてそのまま天井に消えてった」

と言った。

その時オレはピーンときて

「それ何時頃?」

って聞くと、Mは

「え~と、1時30分頃かな」

と答えた。

オレはMに昨夜の事は話していないので結構びっくりしたが、
それよりもMがオレの姿を見て

「怖くなかったか?」

と聞くと、

「最初ちょっとびっくりしたけど、
K笑ってこっち見てたから別に怖くはなかったな」

だと。

そっちの方がスゲェと思ったよ。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事