私がまだ小学校の頃の話。

その頃団地に住んでたが、
うちの真下の階に同級生の子(仮にA)が引っ越してきた。

特には仲良くなかったけれど、
家が一階違いだし同じ学校なので、
それなりに仲良くなってきた。

ある日、Aが

「うちには神様がいる」

と言いだした。

私はあまり気にも留めずにいたが、
その日の夕食の時に、
何気なくその事を両親に話して聞かせた。

すると母は、
Aの家がいかがわしい宗教団体に入っていることを教えてくれた。

Aの母親は殆ど家から出ず、
その宗教団体の会合の時だけ外出する、といった感じだったらしく、
時刻を問わず階下から変なお祈りが聞こえて、気味が悪いと言った。

数日後の夕方、
学校から帰ってくると家には誰もいなかったので、
一人で漫画を読んでいた。

すると階下から、
物凄い勢いでお祈りが聞こえてきた。

その日はいつもより酷く、
お祈りというか、うめき声のように聞こえた。

一向にやむ気配がなく、
段々酷くなってくるので、
心配になってAの家に行ってみた。

その日までAの家の中には入ったことがなかったので、
何となく気が引けながら呼び鈴を押した。

すぐにAが扉から出てきた。

扉が開くと、
声にならないうめき声が充満していた。

Aは私を見るなり必死な顔をして、

「神様が暴れ出した!たすけて!」

と言った。

部屋の中はまだ夕方の早い時間なのに、
カーテンを締め切っているせいで薄暗かった。

Aに案内されるままに一番奥の座敷にいった。

そこには豪華な祭壇があり、
Aの母親が必死に何者かをなだめていた。

それが神様だった。

うめき声の主はその神様だった。

神様は祭壇に祭り上げられていた。

手足を椅子に縛り付けてあり、
髪は綺麗に剃り落とされていた。

酷く衰弱しており、
うめき声もかすれていたが、
かすかに聞き取ることができた。

「カ…ミ…サ…マ…」

そう言っていた。


後日談。

Aの両親は娘が生まれた時、教祖に

「この子は神様の生まれ変わりだ」

と言われたらしい。

それ以来、
彼らは娘を神様だと思い込み、
祭壇に祭っていた。

保護されるまで
5年近くも手足を椅子に括りつけられたままだった。

そのせいか手足は大きく捩れていた。

娘が生まれてから
家庭内では殆ど会話はなかった。

彼らは毎日“神様”にお供え物として
少量の食物を食べさせていた。

娘は喋る能力はなかったが、
毎日聞かされていたのだろう、
『カミサマ』という言葉だけは覚えていた。

【意味怖】意味がわかると怖い話の最新記事