【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。

2019年09月



数年前に私は不思議な体験をしました。

家族旅行でキャンプに行った時、
弟と二人でキャンプ場から少し離れた林の奥で遊んでいると、
いつのまにか弟とはぐれてしまいました。

慌てて探しに行こうと辺りを見渡すと、
真っ赤な一輪の花が視界に入りました。

私は花にあまり詳しくないので、
なんの花かは正直分からなかったのですが、
その花を見た瞬間に、
頭の中に記憶(?)のようなものが一気に流れてきたのです。

その記憶と言うのは…
生まれてくる直前のことみたいでした。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



まだ中学の頃の話。

ある朝登校すると、
女子の一人が

「○○(俺の名前)ってA学院通ってんだぁ」

と言ってきた。

A学院とは近所の進学塾。

自慢じゃないが俺は当時成績も良く、
実家がド貧乏だった事もあり、
塾通いなんかしていない。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



もう10年以上前なんですけどね、
俺が中学校の頃。

その頃しょっちゅう同じ夢を見てまして。
左右田んぼの田舎なすっげー長い道を
ひとりで歩いてるんですよ。

すると、向こうから和服の女の人が、
小さな男の子の手をひいて歩いてくる。

んで、その人とすれ違って少し歩くと目が覚める。

まあ、不気味っつーよりも意味不明な夢で、
当然女の人にも男の子にも見覚えなんかないんですけどね。

んで、その夢の話を友達にしたのね。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



俺の姉貴が二人目の子を身篭って、
順調に5ヶ月を過ぎていたある朝。

当時高校生だった俺が起きて、
2階の自室から階段を下りていると、
1階から血なまぐさい臭いがしてる事に気付いた。

俺は朝から魚でも捌いてるのかと思い台所を覗くと、
普通に朝食と弁当の支度をしている母ちゃんがいるだけで、
魚も血なまぐさい原因となるような事も何もしていなかった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



幼稚園の頃、
祖父母の住む田舎に行った時に、
不思議な生物に会いました。

のんびりとした田舎町で、
周りに住んでいる人全員が、
家族のように仲がよい場所なので、
両親も心配せずに、
私を一人で遊びに行かせていました。

ザリガニしか釣れないくらいの浅い川辺に、
白詰草が咲いていたので、
私は一人で、
母に教えてもらったばかりの花輪をつくっていました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ