【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。

2021年01月



数年前にどこかの林の中の小さい川みたいな所で、
知らない中年男女に手を貸すよう頼まれる夢を見た。

落し物を探してるのかと近づくと、
別の男性の遺体を流そうとしていて、
水量が少ないために遺体の半分くらいしか水に浸かっておらず、
段差に引っかかって流れそうにない。

男女は諦めたように去り、
私は目の前の光景と事態への恐怖と
その場に来たことへの後悔でパニクって、
そこにあった砂遊び用のバケツに水を汲んでは流し続けた。

パトカーのサイレンが聞こえてきて、

「そうだ!通報しなきゃ!」

と気づいたところで目覚めた。

ここからは現実話。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



お盆におきた不思議なこと。

実母が昨年末に他界した。

1歳7ヶ月の孫(私の息子)を本当に可愛がっていた。

お盆に実家へ帰り、お線香をあげたら
宇宙語を仏壇に向かって話していた息子。

その後、スーパーへ買い物へ。

普段はそこまで騒がない息子が

「リンゴリンゴ!」

と叫び、
あまりにうるさいので買ってあげた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



私はたしかにここ数年雨女だ。

ここ最近キャンプ・旅行に出かけると
全部ありえないほどの土砂降り。

同行の旦那がいつもびっくりしてる。
(旦那ひとりだと晴れる事が多い)

雨が降るってことは
その人に浄化が必要な場合があると聞いて、
より自分を省みるようになった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



仲のいい同僚が、いわゆる見える人。

霊とか透視?

私が彼女の能力を知ったのは、
部署も違ってあまり話したこともなかったころ。

会社で上司が具合が悪いと言いだしたときに、
勝手にこそこそ救急車を呼んでるのを見た。

大げさだし、嫌がらせしたいのかと思って、
注意しようとしたら、
悲鳴が聞こえて上司が泡吹いて倒れてた。

救急車がすぐに来て、
上司は一命をとりとめて、
しばらくして仕事復帰もできた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



5年ほど前のこと。

うちの父親は重度の鬱病にかかり、
何か月も家で寝たきりだった。

ある日、叔母(父親の妹)が心配して
遠方から訪ねてきた。

その日は現在の父親の治療の事、
入院も検討すべきではないかなど色々話をしてたみたい。

私は深夜12時くらいにお風呂に入ってた。

そしたら祖母の部屋にあるブザー(人を呼ぶ用。緊急用ではない)が鳴った。
しかも鳴り続けている。

時間帯も変だし、
そんなに鳴り続けることも初めてだったので気になった。

そしたら母と叔母が起きてきて騒いでいる。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ