【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。

2021年10月



息子と公園で遊んでいたら、
見たことのない親子(父親と男の子)が来た。

父親はベンチに座って携帯をいじりだし、
男の子は一人で砂場やら鉄棒やらで遊びだした。

息子が

「ブランコに乗る」

と言うので、
ブランコで遊んでいたら、
男の子が同じくブランコで遊びだした。
(ブランコは2台ある)

しばらくすると、
父親が携帯をいじりながら近づき、

「おい、そろそろ帰るか?」

と言った。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



好きな人を旅行に誘ってみたんだ。

どこがいいかなぁと考えたんだが、
車を持たない俺には電車でいける範囲、
しかも日帰りで帰れるぐらいの場所がよかった。

流石に泊まりは考えてなかったからね。

それでちょいとした観光地に行ってきて、
さて帰ろうかと思ったのが午後の6時。

特急で地元まで2時間強。

JRの窓口に着くか着かないかの所で、
女のほうから

「もう少しここで楽しもうか?」

と言って来た。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



その頃、
俺はゲーセンでバイトしてて、
よく友達が遊びに来てた。

その日も友達が五、六人で来たんだが、
何人か知らない奴が混ざってる。

友達が言うには、
同窓会終わりで遊びに来たらしく、
知らない奴らは友達の同級生だった。

その知らない人の中に一人だけ女の子がいて、
やたらこっちを見てると言うか、目が合うと言うか。

綺麗な子だったのでこっちも気になったんだが、
特に会話する事もなく、
暫くすると友達グループは帰っていった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



近所に俺によく似てる人が居るらしい。

同僚や友人、嫁や子供も
その似てる奴に会ったことがあるらしい。

嫁曰く、
「20年一緒に暮らしてる私でも見間違えた」ほどらしい。

そう、俺の周囲の人間はそいつに会っているのに、
俺だけは会ったことが無い。

家が正反対の方角の上司も、
なぜか都内で歩いている俺のそっくりさんを目撃している。

ドッペルゲンガーって奴か?とも疑ったが、
子供曰く、そいつにも女房子供が居るらしい。

それを見た子供は、会社に電話するまで、
俺が別に家庭を持ってると疑ってたほどそっくりだったそうだが。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



昔内輪向けに書いたやつなので
ヘタな稲川語り風になってますが、
せっかくなので。

もう10年も前になりますかね。

私が九州に住んでたころの話です。

Kさんという友人がいまして、
彼とは蛍がいるっちゃ山に行ったり、
ロケット打ち上げっちゃ見に行ったりと、
何の用があるでもなく、
よく車でそこいらを走り回ったりしたものです。

あるうす曇りの蒸し暑い夏の夕暮れ。

その日も、
何の用だったかK県のほうへ車を走らせた帰り道。

そういえば、と突然Kが切り出した。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ