【洒落怖】洒落にならない怖い話まとめ

【洒落怖】洒落にならない怖い話をまとめました!楽しみながら読んでいただきたいのですが、怖くて眠れない夜を過ごすことになるかもしれません。その責任は負えませんので自己責任でお読みください。

2021年11月



霊感が少しある同僚。

ラブホのフロントしてるんだが、
私は深夜11時で帰る。

で、彼女は次の日の朝までの勤務。

私はその日、
暇つぶしで『新耳袋』を読んでいて、
家に持ち帰るのが怖いので、
こっそり彼女に気付かれないように、
フロント内の普段みんな開けない引き出しにしまって帰ったんです。

そしたら次に出勤したら本がない。

いくら探しても見当たらない。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



以前、祖母の家に数年程度住まわせてもらっていた時期がある。

祖母はかなり元気でいろんな活動をしていたし、
オレは気楽な大学生だったので、
オレにとってはとてもいい環境だった。
(祖母には負担だったのかな)

都心からはそう離れていない場所だったけど、
最寄駅からかなり遠くて周囲は畑や雑木林も多かった。

その家では色々あったけど、その内の一つ。

隣の家には老夫婦が住んでいたのだが、
この夫婦は近所で有名な位に仲が悪い。
(仮に田中さん)

田中の婆ちゃんは爺ちゃんそっちのけで近所付き合いをして、
飼い犬をかわいがっていた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



合宿教習で地方へ行った時の話。

安いプランで申し込んだから案内されたのはボロボロの寮で、
俺の部屋は4階の一人部屋だった。

初日からおかしなことは起きた。

朝から晩まで、
ほぼ3分刻みでベランダの窓を叩く音がする。

それは手の甲で「コツン」程度の時や、
平手で「バン」、頭をぶつけるような「ドン!」くらいの時など
本当にバラバラで、かなり気になる。

最初はハンガーが窓にぶつかったのかなとか、
風で窓が揺れてるのかなと思った。

でも、ベランダに何もかけなくても鳴るし、
風が無い日でも鳴る。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



アバター見ててふと思い出したはるか昔の出来事。

小学校3、4年の今頃だったかな、
算数の授業中、問題の答えを黒板に書かせる流れのとき、
先生が

「手を挙げてない子にしようかな」

とか言い出した。

ボスザル気取りのヤツが、
ちょっと頭の弱い
いつも虐められ気味のヤツがいいんじゃないの、と。

先生に、どう?と聞かれると、
そいつも気が弱いもんだから、
う…うん…とか答えてオドオドと黒板前へ。

簡単な問題なのに手こずってるの見て、
ボスザルはにやけ顔。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



幼馴染のちょっとしたオカルト話。

幼馴染は昔から直感が鋭かった。

例えば、
いつも遊んでる公園に遊びに行こうと話してたら、

「今日は行かないほうが良い気がする」

翌日、学校の先生から
その公園で遊具が壊れて大怪我をした子がいると言われた。

またある時、
一ヶ月先の休みに皆でプール行く予定立ててたら、

「その日は止めといたほうがいいと思う」

実際その日はプールで事故が起きて、
子どもが何人か亡くなった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ